水槽システム

水槽サイズ:600×450×450 オーバーフロー
ろ過槽:APNオリジナル濾過層
殺菌灯:UVステライザーメインポンプ:Rio2100
ライト:カリビアンブルー
ヒーター100W×2
クーラー:GEX GXC-101X
※キャスター付き


(1)準備

設置する水槽や必要な道具を準備します











(2)サンゴ岩準備

レイアウトに必要なサンゴ岩を準備します
水槽の大きさに合わせてサイズを選びます










(3)3Dマット準備

店の什器に入れてバクテリアを付着させておいた3Dマットを回収します
こうすることにより水槽が早く立ち上がり、白濁り等も抑えることができます









(4)海水準備

新しい海水を準備します











(5)水槽積み込み


傷がつかないように毛布でくるみ、移動の際に動かないようにバンドで固定します










(6)バンドで固定


しっかりと固定します











(7)ライトボックス積み込み

ライトボックスも水槽同様、傷がつかないように毛布でくるみます











(8)積み込み完了


水槽とライトボックスの間にクッションとして発砲スチロールを挟んでいます











(9)道具積み込み


必要な道具も積み込みます










(10)お魚パッキング


水槽に入れるお魚をお店から選びパッキングします











(11)現場到着


現場に到着しました
早速設置開始です!!










(12)設置場所確認

まずは設置場所の確認です
今回はマガジンラックがあるこの場所に設置させて頂きまます










(13)設置する場所を確定させます


水等を入れる前に水槽の位置をしっかりと確定させます









(14)主電源確保


今回は天井から主電源を確保します
動物病院なので動物達がコードに絡まってしまうこともないので安心です











(15)コード固定

コードを壁に沿ってモールで固定します











(16)主電源確保完了


すっきりとコードを這わせることができました











(17)道具運搬

道具類を全て水槽前まで運びます

 

 

 

 

(18)海水投入

海水を入れていきます











(19)砂ならし

底砂をならしていきます











(20)レイアウト


サンゴ岩でレイアウトをします
アクセントとして飾りサンゴを使用します











(21)お魚投入


パッキングして持ってきたお魚達を水槽へ投入します
しっかりと水合わせをします











(22)タイマーセット

ライトのタイマーをセットします
病院様では診療時間に合わせて点灯させて頂く場合が多いです











(23)フードタイマーセット


お魚達のエサをセットします
毎日同じ時間に同じ量のエサが落ちるようにセットします

 

 






(24)設置完了


水槽周りをきれいに吹き上げして設置完了です!!












(25)設置完了


最初は水質が安定するまでは、お魚が少なめですが徐々にお魚を増やして賑やかにしていきます








▲ページトップへ